保育士試験の受験資格と実施内容

保育士試験の受験資格と実施内容

保育士の資格試験は厚生労働省の管理下で行われます。

受験資格は学歴の制限があり大学卒業や専門学校、短大の卒業者などです。

尚、専攻が保育以外でも大学に2年以上在籍し62単位以上納めている人も受験可能です。

自分に受験資格があるは公式サイトで調べてみて下さい。

保育士試験は2段階に分けられます。

まず筆記が行われ、筆記に合格した者が実技に進みます。
筆記の出題科目は保育原理、教育原理、子供の心理学、子供の食と栄養、子供の保健、保育実習理論、児童家庭福祉、社会福祉、社会的養護です。

実技テストでは音楽、言語表現、造形の中から二つを選んで実演します。

保育士の試験勉強は筆記を中心に行って下さい。なぜなら実技を優先しても筆記で落ちてしまうと実技に進めず意味が無いからです。

保育士の試験情報がリニューアルしました。

学校のテキストや通信教育、市販のテキストや問題集を利用して勉強して下さい。

その中で最重要なのが過去問です。


過去問は実際の試験の出題傾向を知り、合格の為にはどの分野に重点を置くべきかの手がかりになります。

過去問はインターネットで入手できる他、数年分の過去問が過去問題集として書店やインターネットで販売されているので活用して下さい。実技の実施内容はあらかじめ与えられた課題をこなします。

口コミ評判の高い保育士の就職の為になる情報です。

例えば、音楽は課題曲の弾き歌い、造形はテーマに沿った絵画制作、言語は童話の語りなどです。

実技に関しては自分の得意分野をしっかり練習して下さい。



また、学校の先生や保育士試験合格者に意見を聞くなどして合格の参考にして下さい。

Copyright (C) 2016 保育士試験の受験資格と実施内容 All Rights Reserved.