保育園に転職する時の注意とは

保育園に転職する時の注意とは

保育士不足が問題となり、保育士の需要が高まっています。
学生の頃保育士の資格を取り、職種の違う仕事をしている場合、子育てが一段落した時や結婚などの節目に保育園で働こうか迷うことがあります。

このような場合保育園への転職を考えますが、転職を考える際、注意する点があります。まず、資格を取った頃と今とでは保育の仕方が異なっていることがあるということです。

保育士の就職情報の比較検討にオススメの情報を集めました。

赤ちゃんに日光浴をさせることはほんの少し前までは良いとされていましたが、今では紫外線の問題もありよしとされていません。

この他にも絵本の読み聞かせ法なども若干の違いがあります。


そのため転職を考えている場合は改めて今の保育園の現状を理解し、保育の仕方を学びなおす必要があります。

保育園に転職を考える時期としては秋が一番最適です。

パート勤務の場合、2月から3月にかけて募集がありますが、正規職員や嘱託職員の場合はクラス編成との兼ね合いもあり、早めです。

秋に募集開始となる場合は夏前から動き出す必要があるので、早めの行動を心がけるようにします。



なお、面接ではなぜ職種の違う仕事をしていたか、聞かれることがあります。

子供が好きというのは理由にならないので、しっかりと答えられるようにしておきましょう。

保育園では子供だけでなく保護者の対応や先生同士のコミュニケーションも大切になってきます。転職する場合は希望するところがどのような雰囲気なのかあらかじめつかんでおくと、安心です。



Copyright (C) 2016 保育園に転職する時の注意とは All Rights Reserved.